結節性硬化症.jp結節性硬化症.jp医療関係者の皆さま
結節性硬化症とアフィニトール®に関する製品サイト

※アフィニトールの結節性硬化症における効能又は効果は「結節性硬化症」です。

アフィニトール®の作用機序

結節性硬化症は、TSC1TSC2とよばれる遺伝子の異常により、PI3K/AKT/mTORシグナル伝達系の制御機能がはたらかなくなり、mTORという酵素が過剰に活性化されて発症します。
mTORの活性化は下流タンパク質の合成を介して細胞増殖や血管新生、細胞代謝等を促進し、過誤腫の形成や付随する症状を引き起こします。
mTOR阻害薬であるアフィニトール®は、mTOR活性を選択的に阻害し、腫瘍の成長を抑制します。

アフィニトール®の結節性硬化症に対する作用機序

ページの先頭へもどる